Windows7サポート終了・売るか、アップグレードか

使わなくなったWindows7のパソコン高価買取中!PCワンダフルでは、壊れていても買取可能です。

 

Windows7は2009年にマイクロソフトよりリリースされたOSですが、2020年1月でマイクロソフトのサポートが終了となりました。

サポート終了によりWindows7を実行しているパソコンではセキュリティ更新プログラムを受け取ることができなくなります。そのためWindows7のパソコンはWindows10などの最新OSにアップグレードすることが必要になってきます。または新しいパソコンへの買い替えなどの必要があります。

 

Windows10への移行の選択肢

 

1.旧OSをアップグレードする

現在使用しているWindows7のパソコンをWindows10へアップグレード(更新)します。更新自体は無料でできますが更新が成功しないケースもありますので重要なデータはバックアップが必要です。データのバックアップが完了したらマイクロソフトのページにて無料アップグレードが可能です。

 

2.Windows10搭載のパソコンへ買い替える

新しいパソコンを購入して新規にWindows10へ移行します。新しいパソコンにデータの引っ越しがうまくいけば完了です。新規パソコンで新たに心機一転で利用可能です。

 

ここ最近では新しいパソコンも高速かつ軽量でありながらお値段もリーズナブルなものが増えております。最新OSに更新するのも一つの方法ですが、新しいパソコンへ買い替えるのもまた選択肢としてあります。

 

そのようにして買い替えをした場合ですがWindows7のパソコンはご不要になるかと思います。そのようなパソコンは当社で高価買取いたします。Windows7のパソコンは動作するものでも、故障していても買取可能です。買取査定は無料ですのでお気軽にお試しください。

 

⇒ 買取査定はこちら