Windows7のパソコンを使い続けるとどうなる?

2020年1月でWindows7はマイクロソフトのサポートが終了となりました。サポート終了によりマイクロソフトの正規アップデートなどがなくなります。

 

マイクロソフトのアップデートがなくなるとWindows7の不具合やトラブルがあっても修正などがされないため、セキュリティ面での脆弱性や様々なトラブルの原因が改善されないまま残ることになってしまいます。


そのためWindows7を利用し続けるのは良くない状況になってしまいます。なのでWindows7を利用している場合は早めにWindows10導入を検討する必要があります。

Windows7のサポート終了により今後はWindows10が主流になってきます。7に比べて10の場合は画面構成や操作の感じが異なってきますので早めにWindows10に慣れるためにも導入検討は必要になってきます。

 

■Windows10のスペック要件

 

CPUプロセッサー:1GHz以上のプロセッサー

メモリー:2GB以上

ストレージ容量:32GB以上の空き容量

ディスプレイ:画面解像度1024×600以上

 

Windows10をインストールするのには上記のスペックを満たしたパソコンである必要があります。ただし上記は必要最低スペックなので利用する内容によってはさらに良いスペックが必要になります。条件を満たしていない場合は買い替えなども検討する必要が出てきます。

 

買い替えをする場合ですがWindows7のパソコンはご不要になるかと思います。そのようなパソコンは当社で高価買取いたします。Windows7のパソコンは動作するものでも、故障していても買取可能です。買取査定は無料ですのでお気軽にお試しください。